ローラ流 旅のススメ

¡Hóla!(オラ) ¿Cómo estás?(コモ エスタス)
皆さん、こんにちは!いかがお過ごしでしょうか。

もうすっかり寒いですね。今年の夏はどのような思い出を作りましたか?
私はこの夏スペインに滞在してきました。8月のスペインの気温は、毎日40度前後。日本と比べて湿度が低いのでカラッとはしているし、日本人より暑さに慣れているオーストラリア人の私にとってはまだ我慢できた方だとは思いますが、それにしてもとても暑い毎日でした。

「ローラはいいよね。英語が話せるからどこに行っても意思疎通には困らないんでしょ?」と思われますか?これ、海外に行くと言ったらよく言われます。でも答えは、¡No!(スペイン語では「ノー」ではなく「ノ」と発音します。)英語圏以外の国は、英語が通じないものと思って旅行をされるのがいいと思います。でもそれは苦労ではなく、むしろ旅の楽しみとなります。今回はこのお話を書きたいと思います。

旅を楽しむポイントとしてぜひおすすめしたいのは、海外に行ったら、その国の言葉にどんどん挑戦してみてください、ということです。
初めて訪れる場所で言葉もわからなければ、電車のチケットを買うにも宿泊先を見つけるにも、何をするにも時間がかかります。思わぬハプニングが起きることもあるでしょう。ですので、時間にもお金にも気持ちにもたっぷりと余裕を持つことが、旅を上手にすすめるコツです。タイトなスケジュールを組むのではなく、その日の疲れ具合などに合わせて「明日は何をしようか?」と相談するのも楽しいものです。現地でツアーに参加するのもいいですね(私は今回、オリーブとワインを作っている農場や工場を見学しレストランでテイスティングをするというツアーや、ウォーキングツアーなどに参加しました)。そして、慣れない土地ではハプニングは付きものだと元々思っておけば楽です。どんなときでもパスポートはしっかりと管理し、多少の余分なお金と、融通の利く時間配分を用意しておけば、わりとちゃんとうまくいくし、結果として良い思い出になります。

AirBnbというのをご存知ですか?一軒家やアパートなどを借りて旅行者が滞在できるよう、地元の住宅地を管理するウェブサイトです。ご存じない方は一度インターネットで検索してみてください。日本も含め色々な国のAirBnbがたくさん出てきます。街の中心街にあるホテルの滞在も便利で良いものですが、AirBnbの物件はキッチンがついている場合が多いし、料金も割安で快適です。また、日本の家の造りとは全く違う外国の家に住む、というのも良い経験だと思います。

私は今回、マドリードなど1~2泊しかしていない街はホテルに泊まり、数日間連泊した場所ではAirBnbの物件に滞在しました。下の写真は、グラナダという街で宿泊したマンションのテラスです。ここに座ってのんびりしていると、隣の劇場から音楽が聞こえてきて、思いがけず素敵な時間を過ごすことができました。
DSC_2782.jpg


ただ、現地の住宅地に滞在するということは、周辺に住んでいるのは普通の住民の方達。そこで観光客を相手にしたお仕事をしているわけではないので、英語が通じないことが多いです。そこに滞在するには、英語をわかってもらおうとするより、こちらがその国の言葉をカタコトながらも話す必要があります。

今回スペイン語初心者だった私も滞在中何度も経験しましたが、単語を並べて一生懸命しゃべってみると、意外とわかってもらえます。目の前で地図やメニューなどを広げ、現地の言葉で一生懸命伝えようとすると、やはり相手も人間なので一緒に考えてくれるんですね。結局は人と人のやりとり。怖がることはありません。必要なのはほんの少しの勇気だけです。

そうやっているうちに、お友達になっておうちに招待されたり、ご家族やお友だちを招いたお食事に誘ってくれたり。そうやって地元の人々に溶け込んで作る思い出は、一生忘れがたいものとなります。

そんなAirBnbの物件に滞在しながら、今回の旅をより楽しむため、現地で5日間スペイン語のレッスンを受けてみました。
blackboard

スペイン人の先生による、スペイン語だけで行われるスペイン語の授業。EFLのレッスン環境と同じです。一緒にレッスンを受けたメンバーは全員、初心者ながらもある程度スペイン語学習の経験があり、1・2・3の言い方もわからない完全なる初心者は私だけ。先生に、スペイン語で「あなたのお名前は?」と聞かれても、何を言われているのか、何と答えていいのか全くわからない未知の世界。それでも5日間、合計たった15時間のレッスンを受けただけでも、先生の言っていることがだいたいわかるようになってきました。

なぜだと思いますか?スペイン語は英語と似たような単語もあるので、意味をなんとなく想像するのが比較的容易なのです。それにスペイン語の発音は綴り通りで、英語の発音よりもシンプルなように思います。
文型や文法も、英語と似ているものがたくさんあるように感じました。今回先生が教えてくれたもののうち、1つ例をご紹介します。
¿Dónde está el baño? 「バスルームはどこにあるの?」
= Where is the bathroom?
A. Está junto a la cocina. 「キッチンのとなりだよ」
= (It) is next to the kitchen.

おわかりでしょうか。
¿Dónde (Where) está (is) el (the) baño (bathroom)?
A. Está (is) junto (next) a (to) la (the) cocina (kitchen).
英語と語順が同じなので、すぐに覚えることができました。

ところが日本語と英語などは体系がまったく違うので、日本人が英語やヨーロッパの言語を難しいと思うのは当然のことですね。私も日本語の習得に大変な時間と労力を費やしたので、本当によくわかります。しかしそれでもなお、それを苦だとは思わず、ぜひ楽しみながら声に出してコミュニケーションをとってみてほしいのです。旅先で言葉が通じないことは『つらい』経験なのではなく、『楽しい』経験なのだと気づいてください。今の時代、携帯電話で意味を調べたりできるので、大きなトラブルになることもないでしょう。

どの言語でも、「伝えたい」という気持ちがあれば、意思疎通ができる。それが人間だと思います。数年後、その旅行で1番印象的だった出来事や人を思い出したとき、お互いの言語を知らなくてもがんばってコミュニケーションをとってくれた人が、やはり最初に浮かんできます。そういう記憶が「楽しかった」という思い出をより愛おしくしてくれるものです。これらの思い出は、勇気を持って自分から声をかけたことがきっかけとなることがとても多いように思います。


英語に限らず言語が大きな壁だと思っている皆さん。言葉は間違いなく世界を開いてくれます。できる・できないは関係なく、全ては人間同士のやりとり。「この人と関わってみたい」、その気持ちが1番大切なのです。

日本に来ている外国人を見かけたときに、「日本語は難しい言語だからきっとわからないのだろう」と黙った経験はありませんか?ここは日本なのだから、ぜひ日本の言葉で話しかけてあげたらどうでしょう?相手にとってはきっと思い出に残る最良の挑戦となるはずです。そしてあなたが外国に行ったら、「ここは英語すら通じない国だから」などとシャイになるのではなく、せっかくその国に来たのだから、たどたどしくてもその国の言葉であいさつをしてみてください。もしなにか、人と人とのやりとりに必要がありそうで実は全くないあきらめや遠慮があるなら、今すぐ捨てましょう。挑戦を楽しんで!さあ、¡Buen viaje!(ブエン ビアへ) 良い旅を!

¡Gracias!
granada

私と日本語:ステージ3

<私と日本語:ステージ2>の続き

オーストラリアで次女が生まれて、4ヶ月間は家族4人で幸せに過ごしましたが、突然次女がけいれんを起こし初めました。病院で脳波、MRI、PETスキャンなど色々検査をした結果、ウェスト症候群だと診断されました。日本でレーザーによる脳の手術を行っていると聞いて日本に戻ってきましたが、あいにく娘の病状には適応しませんでした。北海道でいろいろな病院を回って、最終的に市内にある小児センターでお世話になる事になりました。そこで検査や治療を続けていて、一時的に発作を止める事ができましたが、1年後にまた再発しました。

日本は小児難治てんかんの治療や抗けいれん剤がオーストラリアほど進んでいなかったので、不安になり難治てんかんの治療や発達障害を持つ子供の訓練を自ら調べ始めました。主に海外から取り寄せた保護者向けの本、研究報告や専門知識の本などを読み、初めは読むのに苦労しましたが、段々知識が増えて全体的に理解ができるようになりました。そのうち日本語の本もいくつか読み始めて、当然英語よりも難しくて、単語10個に1つくらい読めなかったので、片手に英和・和英の医療の辞書を持ちながら読んでいました。愛する娘のためじゃなければすぐ諦めましたが、根気よく頑張り続けましたので、日本語の医療用語が段々わかってきて、読むのも早くなり理解できるようになりました。娘が2歳3ヶ月の時に3女が生まれましたので、次女の病気に専念できなくなりましたし、治療も諦めつつありましたので、医療の本を読むのをやめましたが、たくさん読んだお陰で日本語を読む能力が結構高くなっていました。

3女が産まれてすぐEFLクラブを開校しました。仕事上で英語教育や子供発達などについて話すようになりましたが、言語習得や発達に関する単語が足りなさすぎて、英語習得やお子様のレッスンの様子などを保護者の方に説明するのに苦労しました。しかし、毎日のことなので、単語を覚えるスピードが早くて流暢に話せるようになりました。そこでまた別の日本語の問題がでてきました。

年々子供の英語習得への道のりの知識が増えていくにつれて、保護者の方に伝えたい気持ちも強くなりました。英語ならば話し方をうまく調整しながら自分の意見や意思を相手に伝える事ができますが、母国語じゃない日本語となると相当手こずりました。理解してもらいたいと思って強く言い過ぎて相手を怒らしては、今度はやんわり言おうと言い方を探しながら話し、あいまいすぎて相手が私の言おうとしていることを十分理解できなくなるなど、なかなかその調整がうまくいきませんでした。ましてやメールの普及に伴い、保護者の方とメールでのやり取りが増えましたので、表情、身振り手振りや言い直しに頼らず、少ない言葉の数で相手に意見を伝えるのは本当に難しいと痛感しました。日本人スタッフの言い方や自分の娘たちの懇談の時の先生の話し方を注意して聞いて真似ようとしますが、未だに勉強中です。

学校や大学で日本語を勉強する機会があって本当によかったと思っています。しかし、単語、文法や読み書きなどをしっかり教えてくれてよかったですが、全体的な理解力、意思疎通能力と流暢さを伸ばすような練習は少なすぎたため、日本にきた時に聞き取りや会話に本当に苦労しました。やはり言語は知識と能力をバランスよく勉強しなければ使い物にはなりません。

私と日本語:ステージ2

<私と日本語:ステージ1>の続き

叔父が名古屋にある会社と取引をしていましたので、その社長の家でホームスティをすることになりました。ホームスティの家族は社長、奥さん、私と同年齢の娘さんとおばあちゃんの4人と犬2匹でした(残念ながらその一匹もローラと呼ばれていた)。皆さんは優しかったですが、なかなかコミュニケーションが計れませんでした。お父さんはゆっくり話してくれましたが、あまり家にいませんでした。娘さんも好きでしたが、彼氏に夢中でいつも自分の部屋に閉じこもって長電話をしていました。おばあちゃんは私に何度も話しかけてくれましたが、よく理解できなかったので、段々話しかけてくれなくなりました。一番よく関わったのはお母さんでした。とてもきれいでいつもおしゃれに服を着こなしていて、素敵なお母さんでした。お母さんも私も会話をよく頑張っていたと思いますが、今一コミュニケーションができず、段々お互いにいらいらしてきました。

毎晩自分の部屋で日本語を必死に勉強しましたが、状況があまり良くなりませんでした。実はお母さんは関西弁で、お父さん、娘さんとおばあちゃんは名古屋弁で、皆さんが私にそれぞれの方言で話していました。自分の話し方を相手のレベルに合わせるのは実に難しくて仕方がないと思っていますが、もう少し言葉を選んでゆっくり話してくれればもっとコミュニケーションができたと思います。段々寂しくなってきたので、3ヶ月間でホームスティを出て、友達の家に居候してから、自分でアパートを借りました。

ホームスティを出てからは、日本語を使う機会が減り、一時的に日本語の上達が遅くなりました。でも少しずつ日本人の友達が増えたり、日本人の彼氏もできて、名古屋学院という私立の男子中学校・高等学校で英語の講師として働き始めましたので、日本語を聞いたり話す機会がグンとまた増えました。

しかし、聞き取り能力が低くすぎて、相手の言っていることがなかなか理解できませんでした。また知っている単語が少なすぎたので、単純な文章なら言えたものの会話能力はあまりありませんでした。でも上達する意欲が高くて毎日必死に頑張りましたので、少しずつ少しずつ聞き取り能力と単語のレパートリーが増えて、それに伴い話す能力も上がりました。当然周りが名古屋弁ばかりなので私も名古屋弁になりましたが、旅行中や県外の人とはちゃんと標準語で話しましたので、標準語と名古屋弁を区別しながら覚えていったようです。名古屋を離れてからも当分名古屋弁を使っていましたが、次第になくなり、今は名古屋に旅行する時だけ出てきます。

生活の中で新しく出会う単語を家で復習したり、積極的に日本語を話そうとする努力を重ねて行くうちに、日本語が見る見るうちに上達しました。日常会話レベルまでは3〜4年間かかりましたが、今振り返ってみればとても充実した楽しい時でした。

来日5年目の時に、4年間英会話を教えていた会社からおいしい話がありました。本社が名古屋にある商社で、アメリカに支店ができたばかりなので、英語ができるスタッフが必要となり、私を正社員として採用したいという話です。私にしてみれば2度とないチャンスで喜んで入社し、東京支店に転勤して、海外事務所に所属することになりました。

そこでまた大きな壁にぶつかってしまいました。ビジネス用語は普段の生活でなかなか出会いませんので、ほとんど知りませんでした。ましてやエンジニアリングの商社なので工業用語も必要でした。でも一番苦労したのは敬語でした。敬語は大学で勉強したので、一応作り方や使い方を知っていましたが、使う習慣はあまりありませんでした。また常体(だ・動詞や形容詞の終止形で終わる文体)と敬体(です・ますで終わる文体)の適宜な使い方がわかりませんでした。中学高校と大学では敬体を話す練習をしましたが、日本にきてからは形式張った日本語を使う機会がほとんどなく、友達とは常体で話していましたので、敬体の日本語で流暢に話せませんでした。

また、英語の場合は相手が目上でも仲が良ければ常体で話し、逆にあまり知らない人や親しくなりたくない人とは距離をおくために敬体を使いますので、親しさを感じる相手であれば、例え上司でも、敬体で話すのにとても抵抗がありました。常体と敬体を混じって話したり、時々敬語に変わったり、興奮して名古屋弁も出たりしましたので、妙な日本語だったと思います。

私の日本語を美化したのは主人でした。東京支店で知り合いましたが、北海道営業所を作るためにすぐ札幌に転勤となりました。1年弱遠距離恋愛をして、結婚が決まってから、会社をやめて札幌に引っ越してきました。主人は元々北海道の人で、標準語に近い日本語を使います。敬語、丁寧語などを上手に使いこなせる人なので毎日彼の日本語を聞いて、常体と敬体の使い分け方や敬語の使い方が段々と身にしみ込んできました。

6年間かかりましたが、ようやくネーティブスピードの日本語でも聞き取れて、瞬間的に理解し答えるようになりました。単語や慣用表現もかなり覚えましたので、日々の生活に苦労することないくらいまで日本語を伸ばす事ができました。

結婚し家庭を築き、1年後に長女が生まれました。札幌に知っている人がいなかったので、話す相手は主人と娘しかいなくて、娘が生後半年の時に3人で2年半オーストラリアに行くことになり、日本語を使う機会が大分減りましたので、日本語を勉強する必要性を感じなくなりました。

私と日本語:ステージ1

7年生(中学校1年生に当たる)から日本語を学校で習い始めました。当時オーストラリアの学生は、フランス語、ドイツ語など、ヨーロッパの言語を勉強していましたが、私の学校は先頭を切って日本語をカリキュラムに取り入れました。7年生の時は日本語とフランス語を、8年生の時はドイツ語も勉強しました。3つの言語とも必須科目で全員勉強しましたが、9〜10年生の時は選択項目として日本語を選びました。

フランス語もドイツ語も好きで成績がよかったのに、なぜ日本語を選んだのかよく覚えていません。当時父はアマチュアのオペラ会社のオーナーで、私が2歳の時に「ミカド」という有名なイギリスのオペレッタをプロデュースしました。当然ミカドの舞台は記憶に残っていませんが、誰かからミカドの絵本をもらって、その中に時代劇に出るような髪がとても長い女の人が描かれていました。とても美しくて小学生の頃によく絵を眺めていて、日本人の女性に憧れました。それが日本と日本語に興味を持つきっかけだったと思います。
http://ja.wikipedia.org/wiki/ミカド_(オペレッタ)

ちなみに、私が大学1年生の時に父がもう一度ミカドをプロデュースしましたが、その時私も出ました(赤い帯を巻いているのが私です)。
Mikado #1 Mikado #2 MiIkado #3

学校の日本語の授業は、最初の2年間は日本語の入門コースという感じで、挨拶、単語や簡単な文章、平仮名などの勉強や、「春がきた」や「ギンギンギラギラ」などの歌を覚えたり、当時ブリズベーン市唯一の日本料理のレストランでお箸の使い方を練習するなど、本格的な言語習得の指導ではありませんでした。しかし、選択科目の日本語の授業では、本格的に文法、漢字や翻訳などの勉強を始めました。先生はオーストラリア人で日本語が上手に話せたかどうか覚えていませんが、私たちは生の日本語を聞いた事がなかったので、上手に聞こえました。日本語を勉強するのが大好きで、抜群にいい成績を取りましたが、11〜12年生の時は、選択項目のスケジュール上で音楽の授業との調整がうまく行かず、残念ながら日本語をやめざるを得ませんでした。

高校を卒業し、音楽の大学に入ろうと思っていましたが、父が「あなたは音楽で食べて行けるだけの能力はない」という言葉に挫折しました。超親バカの父がそれを言うならと、音楽大学への入学をやめて、違う勉強を探し始めました。

それで、日本語、中国語かインドネシア語が専攻できる近代アジア学部を選びました。文学士の学位が取れる3年大学で、日本語を専攻科目とし、日本の歴史、経済、政治や文学も勉強しました。日本語の授業が週8時間で、オーストラリア人と日本人の先生に教わりました。中学高校で日本語を4年間勉強したお陰で、差ほど勉強もせずに成績がよくて、周りのみんなほど苦労しませんでしたが、やはり常用漢字の暗記、和英・英和の翻訳などは大変でした。もう少し勉強しておけばよかったと今になって思いますが、成績がよい方で、クラスメートの中で日本語が上手にできると評判がよかったです。

ところで、卒業してすぐ一流ホテルの営業部にマネジャーの研修生して入社しましたが、そこで自分の日本語の能力を疑うハプニングがありました。主に会社や旅行会社へPRする仕事をしましたが、入社して6ヶ月後に、日本人のツアーグループがチェックアウトの時に支払いでもめていて、ツアーガイドさんがまだ現れずチェックアウトの係の人とコミュニケーションが取れなく、私がフロントデスクに呼ばれました。堂々とフロントに向かっていきましたが、代表と思える1人が私に日本語をベラベラ話し初めました。あまりにも早口で、知らない単語も多すぎたので、何を言っているかさっぱりわからなく、頭が真っ白になりました。何か言わなくちゃと必死に考えましたが、口から出てきた言葉はただ1つ。「何?」。幸いにガイドさんがちょうどその時に来て、その日本人と2人で話し始めましたので、私がその場からこっそりと消えて行きました。

中学高校で4年間、大学3年間、合計7年間日本語を勉強したのに、いざとなった時にまったく話せなかったので、とても大きなショックを受けました。そこで日本に行くことを即決し、3ヶ月後に成田空港に到着しました。

Access Counter

Online Counter

Profile

Laura

Author:Laura
子供専門英会話スクール、EFLクラブのブログへようこそ!!設立者で校長である私ローラが、子供が英語を習得する道のりを説明しますので、読んでください!

Latest journals
Category
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Search form
Mail form

Name:
Mail address:
Subject:
Body:

Link
Friend request form

Want to be friends with this user.

Display RSS link